あなたのくすみの原因はなに!?透明感のある肌にむけての簡単対策!

なんだか最近、自分の顔がどんよりしている、老けてみられる、メイクのノリがよくない。「私の顔ってくすんでいるのかな」と悩んでいる方は多いのではないのでしょうか?

実はくすみの原因にも種類があり、それによって対策方法も変わります。

この記事では、それらをわかりやすくご紹介いたします。性別、年齢などを問わない内容になっているので、どなたでもぜひ読んでみてくださいね。

この記事の監修医

東京総合美容医療クリニック

福田麻衣 院長

美容皮膚科/美容外科

美しさを求めるすべての人たちに

当院は「あなたのお肌のかかりつけ」をコンセプトに、皆さんのお肌を作り直すサポートをしていきたいと考えております。ただ肌悩みを改善するだけではなく、健康で美しいお肌を取り戻し、笑顔で日々を過ごせるよう、お手伝いさせていただければ幸いです。

住所:〒111-0041 東京都台東区元浅草4丁目9-14 イマス元浅草ビル5階

TEL:03-6284-4147

HP:https://www.sogobiyoiryo.jp/

あなたのくすみの原因は

くすみの原因は、大きく分けて5種類あります。今回は、わかりやすいようにチェックボックスにしてみたので、あなたのくすみはなにか特定してみましょう。

古い角質:灰色でごわつきがあるくすみ

□肌が灰色っぽい
□肌がごわついていて、透明感がない
□生活習慣が乱れがちである
□洗顔の際につよくこすってしまっている
□脂性肌である

本来剥がれるはずの古い角質が肌に止まってしまい、透明感をなくしています

肌の古い角質は、ターンオーバーによって、通常排出されるのですが、加齢や生活習慣の乱れや食生活により、これが乱れてしまいます。

また、洗顔時に顔を強く擦ってしまった結果、角質が厚くなっている場合があるので、じぶんの洗顔方法を見直しましょう。

乾燥:灰色でカサついてるくすみ

□肌が灰色っぽくカサついている、または白く粉拭いている
□肌のキメが悪く、毛穴が目立つ
□洗顔やクレンジングが強い
□エアコンが効く場にいることが多い
□花粉や季節の変わり目である

普段のスキンケアで保湿が足りないのが主な原因です

また、乾燥は強い洗顔やクレンジング、紫外線、偏った食生活など様々な要因が挙げられるので、今一度自分の生活を振り返ってみましょう。

また、エアコンが効いている部屋や花粉や季節の変わり目は、乾燥しやすいのでいつもよりも、十分に保湿を心がけるといいかもしれませんね。

メラニン:日焼けのような茶や黒っぽいくすみ

□日焼けのような茶色または黒っぽい
□紫外線対策を怠りがち
□洗顔やクレンジングでこすりがち
□パソコンを長時間使用する

メラニンによるくすみは、肌が日焼けのように茶、こげ茶、または黒っぽいのが特徴です。

メラニンは、日焼けや肌への摩擦など肌がダメージを受けた際に、肌を守ろうと発生してしまいます。これが、通常ターンオーバーによって自然と排出されるはずが、過剰発生してしまうと肌に定着してしまい、くすみとなってしまいます。

日焼け対策をしているのに、できてしまったという方は、ブルー®が原因かもしれません。ブルーライトは紫外線にもっとも近い光であるので、パソコンなどを長時間見る方は注意しましょう。

血行不良:青黒いくすみ

□顔が青黒い
□不健康そうである
□食生活が乱れている
□もともとくまやむくみができやすい
□冷え性である

血行不良が原因のくすみは、血管が青黒くなった結果、顔全体がトーンダウンし、不健康そうにみえてしまうのが特徴です。

血行不良になってしまう原因としては、不健康な食生活による血管の老化や運動不足、睡眠不足や加齢などが挙げられます。

また、もともと目の下にクマができやすかったり、冷え性やむくみやすい人がなりやすいのが特徴です。

糖化・カルボニル化:黄褐色のくすみ

□黄褐色のくすみである
□しみやたるみもきになる
□現在30歳以上である
□炭水化物や甘いものが好きだ

このくすみは、糖や脂質がタンパク質と結合し、褐色化して、肌がきいろっぽくなるのが特徴です。それに加え、しわやシミそして、肌の弾力の低下をも引き起こすことがあります。

また、糖化が老化現象のひとつであるため、30代以降みられることも特徴の一つであります。

主な原因としては、食事の際に糖質や脂質の過剰摂取ですまた食事の時間が不規則なことも原因としてあげられえので、規則的な生活をここがけた方が良いでしょう。

透明感のある肌を手に入れるためには?簡単くすみ対策のご紹介

あなたのくすみの原因を特定したら、対策の段階に入りましょう。

くすみを自宅ケアで治療する場合、日々の積み重ねが大事です。即効性を求める方は、美容皮膚科を受診するのがよいでしょう。

今回は自宅でできる簡単な4つの方法をご紹介いたします。

毎日のスキンケアを丁寧しよう

毎日のスキンケアは、くすみだけでなくニキビなどすべてのトラブルの予防となります。

原因のところでなんども出てきた「ターンオーバー」を正常化させるには、洗顔、保湿などの日々のスキンケアが必要です。

メラニンくすみの方は、美白成分が入った化粧品を取り入れると◎

メラニンくすみの方や美白になりたいという方は、美白成分の「ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、アルブチン」が入ってるスキンケア商品を使うことがおすすめです。

古い角質や毛穴汚れが気になる方は!

古い角質や毛穴汚れを落としたいという方には、ピーリングやスクラブがおすすめです。

ただ、ここで肌をゴシゴシと擦ってしまうのは絶対NGです。正しいスキンケアを心がけましょう。

メラニン、乾燥くすみで悩む方は特に!日焼け止めなどで紫外線対策の徹底を!

紫外線により、肌のメラニンの増殖が引き起こされたり、乾燥を引き起こしたりすることは、すでに言及しましたね。

外に出る際には、日焼け止めを塗ることや日傘を持ち歩くことを心がけましょう

また、日焼け止めはSPF50以上のものを選ぶと良いでしょう。

血行不良や古い角質が原因の方は!適度な運動としっかりと睡眠を!

運動して汗をかくと毛穴や顔の表面にある古い角質を、排出することができます。また、運動をすることにより、血行がよくすることも大切でしょう。

運動が苦手という方は、お風呂にゆっくり浸かることやマッサージにより、同じような効果を得ることができます。自分にあった方法を選びましょう。

また、睡眠をとることも血行をよくする上でものすごく大切です。また、睡眠をとることでターンオーバーを整えることができます。理想的な睡眠は、入浴後3時間以内で8時間以上とされているので、なるべく近づけられるようにがんばりましょう。

食生活にも気を配ろう!糖化の人は糖の取り過ぎに注意!

糖化やカルボニル化の方は、糖または脂質の取り過ぎが原因であるので自分の食生活を見直しましょう。

食生活と肌は密接な関係があります。日頃の食事が偏らないように気をつけることが美肌への一歩です。また、食事の時間を規則化することも大切です。規則化していないと栄養の吸収に偏りが出てしまいます。

食事の際に、緑黄色野菜などに含まれるビタミン類やこんにゃくなどに含まれるセラミドを積極にとれると透明感のある肌へ近づきます。しかし、どうしても好き嫌いなどがあるので、十分な量を取れそうにないって方は、サプリメントなどを導入してみてもよいかもしれませんね。

まとめ

くすみの原因は、生活習慣のどこかに原因があります。

自分のくすみの原因は何かをしっかりと理解し、その原因に対する対策をすることが、あなたのお悩みを解消し、透明感を手にいれる大きな一歩です。

今一度、スキンケア、食生活、睡眠時間、運動不足、日焼け予防などを見直しましょう。

東京美肌堂では、

・オンライン診療が可能

・土日祝も夜10時まで

・当日予約もできるから気になったときにすぐ診察

・診察自体は0円

といった、忙しい方でも美容皮膚科を受診できるオンライン診療サービスを提供しています。

ご予約は下記ボタンから受け付けていますので、気になった方はチェックしてみてくださいね!

▷▷▷東京美肌堂の診察予約はこちらから◁◁◁