レチノールの効果を解説!副作用の「a反応」を防ぐための使い方とおすすめ化粧品も紹介

レチノールは、ビタミンAの一種です。

肌のターンオーバーを促進する作用で、シミ・たるみ・シワ・ニキビを改善する効果があります。

ただし、肌の赤みや乾燥、皮むけといった「a反応」と呼ばれる副作用が起こる恐れもあるので使用方法には注意が必要です。

正しい使い方や使用時の注意点、副作用が起きてしまった時の対処法を理解して、レチノールの効果を最大限に引き出しましょう!

この記事でわかること

  • レチノールは肌の様々な悩みを解決し、透明感とハリのある若々しい肌へと導いてくれる
  • レチノールの副作用「a反応」は数日から1週間で治まる
  • レチノールの使用は夜の使用がおすすめ

レチノールとは

レチノールは、2017年に皮膚の老化防止作用がある医薬部外品として厚生労働省から認可された成分です。

シミ・たるみ・シワ・ニキビなど様々なエイジングの悩みを解決してくれる注目の美容成分です。

ビタミンAの一種

レチノールはビタミンAの一種で、若々しい肌を保つのに重要な役割を果たします。

ビタミンAはもともと私たちの体内にありますが、年齢とともに減少してしまいます。

ビタミンAが減少すると、毛穴・くすみ・肌荒れ・ハリ不足などの原因となるので、スキンケアにビタミンAの一種であるレチノールを取り入れることで、ハリのある肌を目指しましょう。

トレチノインとの違いは作用の強さ

トレチノインは、レチノールと同様にビタミンA誘導体の一種です。

主なレチノールの種類と効果は以下の通りです。

トレチノインとレチノールの違いは、生理活性(※)の強さです。

肌への作用はトレチノインの方が、レチノールよりも強く、その強さは50-100倍にもなります。

トレチノインは、医療用医薬品に分類されるので、市販の化粧品には配合が認められていません。

※免疫力を高める機能のように、体内のさまざまな生体機能や反応全般に影響を与える性質のこと

レチノールの効果

レチノールは肌の再生を促進し、肌の様々な悩みを改善する効果があります。

今回は「シミ」「しわ・たるみ」「ニキビ・ニキビ跡」「毛穴の黒ずみ」にレチノールがもたらす効果について詳しく紹介します。

シミの改善

レチノールはシミの改善に効果的です。

シミを改善するには、肌に蓄積されたメラニン色素の排出を促すことが必要です。

レチノールは肌のターンオーバーを促進する働きがあるので、メラニン色素の蓄積を防ぎ、表皮にあるシミを薄くすることができます。

通常、ターンオーバーが正常に機能している場合、メラニン色素は約1ヶ月~3ヵ月程度で自然に剥がれ落ちます。

しかし、シミが何か月も肌の表面にある状態は、肌のターンオーバーが乱れている可能性が高いです。

そのため、レチノールを使用することで肌のターンオーバーサイクルを早め、シミを改善することができるのです。

シミを消す方法については、以下の記事を参考にしてみてくださいね。


しわ・たるみの改善

レチノールはシワやたるみの改善にも効果が期待できます。

シワやたるみを改善するためには、肌の潤いを保つことが必要です。

肌の潤いは、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどの潤い成分によって保たれています。

レチノールはそれらの生成を活性化させ、内側からハリ・弾力のある肌へと導いてくれます。

ニキビ・ニキビ跡の改善

レチノールはニキビやニキビ跡の改善にも効果が期待できます。

ニキビは皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まりアクネ菌が増殖することによって発生します。

レチノールは皮脂分泌を抑制する作用と毛穴の出口をふさぐ角質をはがす角層剥離作用を持っています。

これらの作用が、ニキビの原因となる皮脂の分泌量を減らし毛穴詰まりを解消してくれるので、ニキビを改善することができるのです。

また、レチノールの肌のターンオーバーを促進する作用によって、すでにできたニキビだけでなくニキビ跡をも目立ちにくくする効果が期待できます。

ニキビやニキビ跡の治し方については、以下の記事を参考にしてみてくださいね。


毛穴の黒ずみの改善

レチノールは毛穴の改善にも使用されます。

皮脂や大気中の汚れが毛穴内に溜まると、毛穴が黒ずんだり開いたりするので、肌が綺麗に見えなくなります。

毛穴悩みを改善するには、毛穴の詰まりを解消することが重要です。

レチノールは肌のターンオーバーを促進し、肌表面に残った古い角質をはがれやすくします。

古い角質をはがすことで毛穴の詰まりを解消し、毛穴の開きを改善することができるのです。

毛穴の治し方については、以下の記事を参考にしてみてくださいね。


レチノールの副作用

レチノールは肌のキメを整えるのに効果的な成分ですが、副作用として乾燥や赤みなどを引き起こす可能性があります。

作用が強い成分のため、使用量を守り適切に使用することが大切です。
ここでは、レチノールの代表的な副作用について詳しく解説します。

「a反応」とよばれる乾燥・赤み・皮むけ

レチノールは使い始めに「a反応(レチノイド反応)」と呼ばれる副作用が起こりやすくなります。

「a反応」とは、肌に赤みや皮むけ、かゆみといった症状があらわれることです。

ビタミンAが不足している肌ほど、ビタミンAに対して過剰に反応する傾向があり肌のターンオーバーが促進されるので「a反応」が起こりやすくなります。

また、高濃度のレチノールほど「a反応」も強くでるため「a反応」が心配な方は、まずは低濃度のレチノールから使用するのがおすすめです。

副作用は数日から1週間で治まる傾向

レチノールによる副作用は数日~1週間、長くても3~6週間程度で皮膚が慣れて自然に治まる傾向があります。

レチノールによる肌の乾燥は「a反応」と呼ばれ、ニキビの原因にもなります。
乾燥がひどいとニキビが悪化する場合もあるので注意が必要です。

肌に「a反応」が現れたら、しっかりと保湿ケアを行いましょう。


「a反応」は適切に対処すれば、副作用による過度な肌荒れを防ぐことができます。
もし副作用が出てしまった場合の対処法は、以下の記事をチェックしてみてくださいね。

化粧品に含まれるレチノールとは

化粧品にはレチノールが配合されている商品が多くあります。

市販で買える化粧品と、医療機関のみで購入できるドクターズコスメがあり、それぞれメリット、デメリットがあるので詳しく見ていきましょう。

市販品は低濃度のため副作用のリスクを抑えやすい

市販のレチノール製品は副作用を抑えるため、低濃度で販売されています。

シミ改善を目的とするのであれば、0.5%から2%程度のレチノールを含む製品をおすすめします。
効果を実感する上では、この範囲の濃度が適切だと考えられています。

レチノールはクリーム、化粧水、美容液など様々な商品に含まれています。
一般的に、化粧水よりも美容液やクリームの方がレチノール濃度が高めなのでアイテム選びの参考にしてみてくださいね。

レチノール入りの製品を使う順番

レチノール入りのスキンケア製品には、化粧水、美容液、クリームなどがあります。
日々のスキンケアに取り入れる際は、油分が少ない製品から使用しましょう。

具体的には、油分の少ない化粧水、美容液、そして油分の多いクリームの順番が基本となります。
レチノールの濃度にも注意し、症状が強い場合は薄めの製品から使い始めるようにしましょう。

ドクターズコスメは医師の監修により高濃度での配合が多い

ドクターズコスメとは、医師や皮膚の専門家などが監修し、開発されたコスメのことです。

市販の化粧品と比べて安産性が高く、より効果が期待できるのが特徴です。

より高濃度のレチノールが配合されており、副作用の可能性も高いので医療機関での処方が必須となります。

レチノール配合のドクターズコスメの代表的なものに「ゼオスキン」があります。


より詳しく知りたい方は以下を参考にしてみてくださいね。

レチノール配合の化粧品の使い方

レチノール配合化粧品は乾燥や赤み、皮むけといった副作用を起こしやすいので、正しく使うことが重要です。

レチノールの効果を最大限に引き出して、肌悩み解決に一歩近づきましょう。

夜の使用がおすすめ

レチノール配合の化粧品は、夜の使用がおすすめです。

レチノールを使うと肌のターンオーバーが促進され角質が薄くなり、紫外線に敏感になります。

そのため、日中に使用すると、シミができたり、日焼けしやすくなるので注意しましょう。

朝に使う場合は紫外線対策をする

レチノール使用時は、紫外線を受けることでシミや日焼けが起こりやすくなります。

そのため、従来のレチノール製品は日中の使用を避けるのが一般的でした。

しかし、最近の製品は配合技術が進歩し、朝の使用も可能なものがあります。

朝にレチノールを使う場合は、日焼け止めなどを用いて紫外線対策を十分に行う必要があります。

入念に保湿を行う

レチノールを使うと、肌のターンオーバーが促進されるため、肌が乾燥しやすくなります。

レチノールには角質層を薄くする効果があるため、塗布後の肌は保湿機能が低下しやすくなっています。

スキンケアにレチノールを取り入れるときは、乳液やクリームによる保湿を入念に行いましょう。

継続的に使用する

レチノールの効果を最大限に発揮するには、継続的な使用が大切です。

効果が実感できるまでには個人差がありますが、使用開始からおよそ23か月程度の継続使用が必要と言われています。

その理由は、肌のターンオーバーの周期が平均して28日程度だからです。

つまり、新しい肌になって効果を感じられるようになるには、少なくとも約1ヵ月近くは要するのです。

副作用の程度で使用頻度を変える

使い始めに「a反応」とよばれる赤みやかゆみ、皮むけといった副作用がでることがあります。

約4週間で自然に治まることが多いですが、副作用がひどい時は、肌の状態によって以下の点を意識してレチノールを使用してみてください。

  • レチノールの使用頻度を減らす
  • 一時的にレチノールの使用を中止する
  • レチノールの濃度を低濃度のものに変える
  • ビタミンAの中でも作用の小さい「酢酸レチノール」「パルミチンレチノール」を使用する

レチノールを使う時の注意点

レチノールを利用する時に注意すべきポイントについて紹介します。

妊娠中の使用は避ける

妊娠中は、レチノールの使用は避けましょう。

妊婦さんがビタミンAを過剰摂取してしまうと、赤ちゃんに先天異常が起きるという報告があります。

しかし、化粧品としてレチノールを塗布する場合は、食品と比べて体内に摂り込まれるビタミンAの量がはるかに少ないため問題なく使うことができる場合もあります。

そのため、妊婦中の方レチノールの使用は、医師と相談して決めることが重要です。

ハイドロキノンとの併用不可

レチノールとハイドロキノンの併用は推奨されていません。

ハイドロキノンとは、メラニンの生成を抑えてシミやニキビ跡を改善してくれる成分のことです。

レチノールは「長期的」、ハイドロキノンは「短期的」に使用するものなので相性がよくないというわけです。

併用の仕方によっては、強い作用によって炎症を起こすこともあります。

ただ、同じビタミンAのトレチノインとハイドロキノンは相性が良い組み合わせとなっています。

ハイドロキノンについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてくださいね。

レチノールより高い効果を求める方は皮膚科へ

レチノールは、肌のターンオーバーを促進し、ハリや透明感のある肌へと導いてくれることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

数多くあるレチノール化粧品の中でも、特に作用が強く効果が期待できるのが医療用医薬品の「トレチノイン」とドクターズコスメの「ゼオスキン」です。

どちらも、医療用機関で処方してもらう必要があります。

皮膚科やクリニックに行く時間が無いという方は、オンライン診療で処方してもらうという方法もあります。

東京美肌堂では、

  • LINEで完結する「オンライン診察」
  • 土日祝も夜10時まで受診可能
  • 当日予約もできるから気になったときにすぐ診察
  • あなたに合った医療用医薬品・内服薬・外服薬・漢方薬がわかる
  • 初診料・再診料・処方箋料・相談料が0円

といった、忙しい方でも美容皮膚科を受診できるオンライン診療サービスを提供しています。

ご予約は下記ボタンから受け付けていますので、気になった方はチェックしてみてくださいね!

東京美肌堂の診察予約はこちらから

初めてご利用の方全員に!

『3000円OFFクーポン』は処方されたどのお薬にもご利用いただけます。

ぜひこの機会にお得にお試しください!

この記事の監修医

東京山手クリニック

藤原東華 医師

美しさを求めるすべての人たちに

当院は「あなたのお肌のかかりつけ」をコンセプトに、皆さんのお肌を作り直すサポートをしていきたいと考えております。ただ肌悩みを改善するだけではなく、健康で美しいお肌を取り戻し、笑顔で日々を過ごせるよう、お手伝いさせていただければ幸いです。

住所:〒141-0032 東京都品川区大崎1丁目20-3 5F

TEL:03-6420-3305